« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月21日 (水)

カローラ タイミングベルト交換

本日のメインはカローラAE100のタイミングベルト交換。部品のタイミングベルト、テンショナーは事前に準備していたが、お客様との約束で今日一日で仕上げなければいけない。これだけに専念できれば3~4時間で出来るのだが、作業中にも頻繁に電話が入るのでなかなか集中して出来ないのが辛いところだ。

Img_0044_2

このエンジンの場合はまずヘッドカバーを外さないとタイミングカバーの一番上を外せない。その後、エンジンマウント、ウォーターポンプンプのプーリー、ダイナモを外して真ん中のカバー、そして一番下のカバーを外していく。

Img_0050

タイミングベルトの全貌が明らかになれば後は大して難しい作業はありません。テンショナーを交換し、カムとクランクの位置をずらさないようにベルトを外しまた装着します。今回は予算の都合上ウォーターポンプの交換は省略しました。本当は交換した方がいいのですけどもね。

うーん・・・この作業の後ちょっと腰が痛い・・・。運動不足だな。

本日はこの外に車検の練馬区下石神井K様、ETC取り付け杉並区のA様、自動車保険ご加入ご来店のO様、ブレイド新車見積りでご来店T様、マークⅡワゴンリヤゲート修理の杉並区松ノ木S様、誠に有難うございました。

廃車・解体無料! 新車値引き 格安手数料の中古車オークション代行なら

東京 練馬 信越自動車

詳しくはhttp://shin-etsu1.net/をご覧下さい。

2007年2月17日 (土)

車検の見積り

本日、世田谷のN様クラウンの車検でご来店。この方、5年ほど前に関越道練馬出口で突然パワステベルトが切れちゃってハンドルがめちゃくちゃ重くなり操縦不能に。

私が引き取りに出向きベルト交換をした時以来すっかりうちのお客さんになって頂きました。

何やら話を聞くと、10日程前に某トヨタ系のデイーラーマンが来て代替をしたらどうかと・・。  

断ると車検の見積りを提示してきて、諸費用以外の基本点検料、代行料、スチーム、ブレーキオイル交換、エンジンオイル、オイエレメント交換、LLC、エアエレメント交換の内容で約7万円の見積りをしてきたそうです。 ぼろ儲けですね。ちなみに車はH8年式のJZS151、28000kmです。

この方、すばらしい話を持ってきてくれました。友人のSさん(この方もうちのお客)の知り合いが八丈島で漁師をやっているので今度船に乗せて秘密のポイントで釣りをさせてやるですって!!

うおーーー!・・・ こんな話を待ってましたよ!  いずれ八丈方面で釣りをしてみたいと思ってたけどいきなり具体化しそー!うれしー!

道具どうしよう・・ヒラマサ?カンパチ?クエ?

2007年2月13日 (火)

カワハギ用 集魚中オモリ

カワハギ釣りよく使われる「集魚中オモリ」に関しては賛否両論である。反対派の意見は大体「あたりが損なわれる」という人が多い。私は賛成派である。なぜなら「たるませ釣り」を多用するから。

おもりを浮かせている状態で「聞き合わせ」を試みても私にはいまいちピンとあたりが伝わらない。たるませて餌と中オモリを完全に着床た後、数秒毎のタイミングを変えて竿を上げると次第に「針が掛り」するタイミングが読めてくるパターンが多い。特に餌をカワハギに取られないうちに早く底に落とすというアクションを加えるには中オモリは必需品である。

「カラーリング」については最近分からなくなってきた。以前は白、赤、黄、ピンク等目立つ色が良いと思っていたが、色なしの中オモリでも同様の釣果が得られる時もある。カワハギの水中での捕食シーンのビデオをご覧になったことがあるでしょうか?中オモリよりも下オモリに興味を示している者が多いような気がする。群れが点在してる時などは多少の集魚効果があるかな位に思っていた方が良いと思う。

中オモリ自体の重さは「3号」、潮が早い時は「4号」と私は使い分けしています。

と、ウンチク垂れてしまいましたが、今期「カワハギ」は11月のサンスポ大会でしか釣行してません。「海楽園」から出ましたが、結果は船中(18人位)3位、全体(300人以上?)では50位~70位だったでしょうか。  

 Img_0019      Img_0021 

  

以前製作した「中オモリ」が少しあまっています。コメント頂いた先着3名様にただで差し上げます。(色は選べません)

2007年2月 6日 (火)

相模湾でボート釣り

うーん。2月11、12日と連休です。ここのとこの週末は風が強い予報でしたので釣行してません。前回は懲りました・・・。

次回も(予報が良ければ)相模湾 長井港から懲りずに「アマダイ」、「鬼カサゴ」を狙いに行く予定です。それらの「本命」が釣れなくてもカナド、トラギス、ヒメ、キダイ等結構美味な物が取れるのでおかずには大体困りません。

前回の「おかず」です。↓

Img_0006

左上の魚はメバル、カサゴ?でしょうか? (これが一番うまかった・・) 誰か分かる方教えて下さい。

2007年2月 3日 (土)

カワハギ用 タックル

今日は私の「カワハギ」用のタックルをご紹介しましょう。と言っても自慢できるような高級な物ではありません。竿は「シマノ ベイゲームⅡ カワハギ 150M」です。カワハギ釣りを始めた時からずっとこの竿を使っています。完全ワンピースで非常に軽く、竿先であたりを取るというよりも、「たるませ釣り」で手元に伝わるあたりで引っ掛けるという釣方に向いています。

My_pictures_1

リールは「ダイワ ラウル 150R」小型軽量で棚クラッチ付き、カワハギはもちろん根魚釣りにはとても使いやすく大変重宝しています。

ちなみに道糸はダイニーマのPE1号、直線力・強度・共にすぐれており潮が早いときにもあたりが取り易く、根がかりしてもダイニーマの強度であればまず切れる事はありません。 ただちょっと高いのが難。

仕掛けはハリス長5cm前後、2本針で手返しよく集中するのが良いでしょう。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

最近のトラックバック

最近の記事

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ