« 相模湾でボート釣り | トップページ | 車検の見積り »

2007年2月13日 (火)

カワハギ用 集魚中オモリ

カワハギ釣りよく使われる「集魚中オモリ」に関しては賛否両論である。反対派の意見は大体「あたりが損なわれる」という人が多い。私は賛成派である。なぜなら「たるませ釣り」を多用するから。

おもりを浮かせている状態で「聞き合わせ」を試みても私にはいまいちピンとあたりが伝わらない。たるませて餌と中オモリを完全に着床た後、数秒毎のタイミングを変えて竿を上げると次第に「針が掛り」するタイミングが読めてくるパターンが多い。特に餌をカワハギに取られないうちに早く底に落とすというアクションを加えるには中オモリは必需品である。

「カラーリング」については最近分からなくなってきた。以前は白、赤、黄、ピンク等目立つ色が良いと思っていたが、色なしの中オモリでも同様の釣果が得られる時もある。カワハギの水中での捕食シーンのビデオをご覧になったことがあるでしょうか?中オモリよりも下オモリに興味を示している者が多いような気がする。群れが点在してる時などは多少の集魚効果があるかな位に思っていた方が良いと思う。

中オモリ自体の重さは「3号」、潮が早い時は「4号」と私は使い分けしています。

と、ウンチク垂れてしまいましたが、今期「カワハギ」は11月のサンスポ大会でしか釣行してません。「海楽園」から出ましたが、結果は船中(18人位)3位、全体(300人以上?)では50位~70位だったでしょうか。  

 Img_0019      Img_0021 

  

以前製作した「中オモリ」が少しあまっています。コメント頂いた先着3名様にただで差し上げます。(色は選べません)

« 相模湾でボート釣り | トップページ | 車検の見積り »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カワハギ用 集魚中オモリ:

« 相模湾でボート釣り | トップページ | 車検の見積り »

最近のトラックバック

最近の記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ