2012年4月 9日 (月)

 4/08 マルイカ釣り 葉山 たいぞう丸

deliciousさて、4月8日、解散寸前のSFC(信越フィッシングクラブ)の中枢メンバー計3人で葉山はたいぞう丸のマルイカ釣りに出掛けてきました。

昨年とは違い今期は有望?なマルイカ釣り。 私の最も好きな釣りでもあります。

20120408_0649421

この日は大変込み合い「たいぞう丸」は2隻出し、私どもはK船長の操る「別船」の左ミヨシに席を構え準備万端。

20120408_0652012 スタメンスッテ+トップガン40号で意気込むも、なんと第1投目から自作仕掛けが上でプッツリw(゚o゚)w のオーマイゴッド Σ( ̄ロ ̄lll) スッテ4本+トップガン・・海へご奉納スタート・・・

11時位まではポツポツあたりこのペースでいけば40~50杯位かと思っていましたが、昼前から反応乏しく途中2時間位はゼロ・・・。

結果、23杯でタイムアウトとなりました。船中1~23杯、S田氏5杯、S袋氏13杯という結果。

20120408_1354111

良いサイズのものは前半だけで中盤以降サイズがめっきり小さくなりあたりを取るのが非常に難しくなりました。

20120408_170929

小さなものは串にさしてマヨネーズや醤油をつけて串焼きで軽く焼いて・・・

旨いっすdelicious

 

2010年6月 9日 (水)

マルイカ釣り 葉山 たいぞう丸 

さて、仕事のスケジュールが大分暇になったので、ここは一発平日釣行il||li _| ̄|○ il||li

全日本SFC杉並支部のフィールドテスターである私、ここ最近江ノ島周りででかいマルイカが釣れてるという情報をキャッチし、最近乗りの悪いSFCのメンバーを尻目に・・・行きつけの葉山漁港はたいぞう丸へマルイカ釣りに出掛けてまいりましたーー・・。

220607_002

仕掛けはここ最近多用してる直結仕掛け、メタリア160の82にエアドのレッドチューンの組み合わせ。  仕事にあぶれた?長三郎丸の若船長をのせ計6人で出船。

220607_003

出船早々は葉山の名島周りの浅場で仕掛けを落とすも2連続でチビムギ君、その後も触りやあたりは頻繁にあるがサイズが極小らしくなかなか針がかりしてくれない。チビマルを13匹くらい追釣し、船長は舵を江ノ島方面へ。

ここでの一発目では物凄い重量感のある弁慶(デカマル)を痛恨のバラシ・・・(。>0<。)良かった! 船長に見られたら怒られるところ・・。

その後普通サイズもバラシが続き、雨にも降られ(雨具忘れた・・・)ちょっとめげ気味に・・。どうも「合わせ」が強すぎるみたいで、でも合わせ方を変えようと思っても腕にしみついてしまったこの感覚はどうにも変えられず竿を若干軟らかめな物にチェンジ。  あたりは多少取りずらくなったがバラシは大幅に減少。  最後の1時間位にペースアップし、最後から2番目の流しでは又重量感のあるイカにフックイン! 間違いなく弁慶だ---!!?今回はかなり慎重にリールを巻き水面で確認するとなんと触腕先っぽに針がかりしてるではないか!?(@Д@; 用意してきたジプロックに収まりそうもないサイズだ!。 一瞬たも網ですくおうかとも考えたがそんな事してると今にも沈んでいきそうなのでここはいちかばちかそろーりとラインをたぐり オー!! 奇跡的に?ゲット--~~!o(*^▽^*)o

M1006081                    *船宿様ホームページより抜粋*

220607_001              今日の釣果39杯(ムギ3匹含む)。トップの方は43杯で2番目でした~~。

最後の最後39杯目に本当にうれしい一匹でした~^^。

220607_010

220607_013

スルメイカもそうですがこのような肉厚なイカは横に包丁で軽く切れ目を入れると食感がよくなり旨く頂けます。目のまわりの軟骨も最高に旨い!!

220607_014 チビイカ君達はバター醤油焼き(手間いらずで簡単)になってもらいましたー。

そういえば戸田の「夜マルイカ釣り」でやはりでかいのが釣れるとのこと うーん 興味津々だなーー・・。

2010年4月30日 (金)

     マルイカ エビスッテ   

さて いよいよ佳境に入りつつある「マルイカ」釣り。

今シーズンは1月末から2~3週間に一回のペースで釣行し修行中なのですが、今回は普通のスッテではなく通称「海老スッテ」と言われるエビに似せたスッテだけを使ってちょっと遊び心で釣行してまいりました。

220430_001_2 エビスッテの中には一部ハリスを通す穴の小さい物がありこれでは直結用のフックが穴に通せず、キリでもんで穴を拡大加工しました。

果たして人並みに釣れるのか?・・・・・

220430_003_2

釣り人12名を乗せ、葉山あぶずり港を出発した乗合船は一路佐島方面へ向かいますが、葉山御用邸沖付近で急停車。  まさかこんな浅瀬(25m前後)にマルイカが入ってきたのか?・・・・?・・まさか・・ そんな訳ないでしょ~~~  と思いながら

船長の「はい!どうぞ やってみてください!」  の合図に仕掛けを投げ入れるがやはりイカはかからず。二流しするもだれもイカの顔みれず船長断念。

220430_006

結局いつもの秋谷沖から亀城付近と流し、10時までに3杯と前半不調でこりゃ参ったなー~~と思っておりましたが、昼過ぎ位から2~3回転位できる流しがありポツポツ乗り。

結果ムギイカ5杯含む計34杯でまずまずの釣果でした~~。エビスッテだけでも釣れる!  と実感。

220430_007

ムギイカは船上で沖漬けにし、マルイカはおすそ分けした残りを「つり丸」の嵐山さんの記事に載ってた中華風の炒め物にしてみましたが これは最高に旨かったです。

2010年2月23日 (火)

2010 マルイカ釣行パートⅡ 勝山漁港 宝成丸 

さて、浅場で好調との情報をキャッチしSFC独身軍団を引き連れ千葉は勝山漁港へマルイカ釣りへ出掛けてきました。  前泊して楽しようと思って前日は岩井海岸の民宿で素泊まりさせて頂いたのだがこれが大きな誤算・・・・。   同行者のS田さんの強烈なイビキノおかげでほとんど眠れず。   参りました・・・。

220223_006

朝4時30分に乗船場に到着するもすでに「みよし」2席は他のお客さんに取られてたので左胴の間に3人並んでやることに。

220223_005

釣り場はほぼ舘山方面の水深80m~95m位、この深さでおもり40号の指示、相模湾とは大違いでした。 40号ではどうもタックルとのバランスが悪く50号の直ブラでやることに。  しかし隣のN木さんや手前まつりなど「手返し」がどうも悪く思うようにイカは取れない・・。

220223_004

ライトタックルの直結でやってた方々は30杯前後取っていたようですが、私は結局15杯で終わりでした。  今回も腕の差痛感・・。 直結の人は相模湾とは違ってほとんど叩かずじーっとあたりを見てたのが印象的でした。

2010年2月 1日 (月)

2010年 マルイカ釣り開始! 葉山 @与兵衛丸

さて、今年も相模湾のマルイカ釣りが開幕しました。ちょっと早いんじゃないかと思いますが先陣をきった長井港の儀兵衛丸、葉山の与兵衛丸  かなり良い釣果です。

良い釣果を目にするとウズウズしてきて 我慢できなくなってきて・・・。   気がついたらマルイカ深場用のロッドを買っていました・・・・・(・_・)・・・・・

さて、釣行したのは葉山の与兵衛丸さん、前日、前々日と釣果がでてるのでかなりの混雑予想、気合入れて船宿に3時50分に到着するも ムム・・ 先客が二人いましたよ  w(゚o゚)w・・・。

受付で左の舳先をゲット、あとに続くお客も葉山港唯一マルイカ出船の与兵衛丸にぞくぞくと・・。 とうとう根魚船をマルイカ船に切り替え2船出しと大繁盛状態です。やっぱりマルイカファンが多いのねー~~

今の時期は80m~100mとかなり「棚」が深い。「直ブラ」メイン、50m以下の浅場でしかやったことがない私は全く自身なし。  今回は普通の「ブランコ」でみました。

船は秋谷沖に到着。 当日マルイカファンを乗せた船宿は他に儀兵衛丸飯岡丸でいとう丸が集結。盛期に比べ全然少ないです。

船頭の合図に今年の第一投目「えい!!」   「即乗れー ! コラー!」・・・

 ++(`0´*)++ ・・・・   乗らない というか反応無し・・・・ アタリが分らない・・・・。   二投目、三投目も同じ・・。  廻りのお客さんもはてな顔・苦戦。   ・・  船長曰く 反応はあるのだがいまいち活性が良くない。 だいたいそうなんだよね。 私が釣行すると前日までの好模様が途端に悪くなるんですよ・・・本当に・・(;´Д⊂

220131_002

・10時までになんと2杯。 ふと気がつくと隣の名人級のおじさんが電動タックルを手巻きリールのライトタックル?に切り替え直結仕掛けでポツポツ掛けているではないですか。  おじさんに尋ねると おもり80号と電動リールの重さでやっぱり当たり(触り)が分かりずらい と。  

私も見習ってリールを小型両軸に切り替え(竿はそのまま)、ついでにおもりも70号にサイズダウンし仕掛けも「直ブラ」に、そうすると ようやくあたりらしいものが判別できるように。  よっしゃ! いくぞー!! へっっへー~~^^

( ̄Д ̄;;

  

でも乗りはポツポツ。  っつうか、90mからの手巻きでの巻き上げ連続で右腕が緊急疲労モード(モームーリ!o(゚Д゚)っ)、腕の感覚がにぶくなり又微妙なあたりが分らなくなってきた。

結局終了までに15杯、船中1~24杯(24杯はとなりのおじさん)とマルイカらしい渋い乗りの一日でした・・・・(p´□`q)゜o。。

220131_004

220131_007 220131_008

・しばらくぶりに味わったマルイカの刺し身は やっぱり旨いけ! ゲソも目のまわりの軟骨だって全部旨いと。  

でも、次回はもうちょっと棚が浅くなってからにしようっと  右腕 パンパンだっつーの・・・coldsweats01

2009年12月15日 (火)

相模湾 ボート釣り 長井 仮屋ボート カワハギ アマダイ

さて「SFC」の今年の釣り納め!!  

ということで行って参りました。 長井漁港の仮屋ボート 7人乗り 一日15000円! 釣り竿を振るには4人までです。

天気予報は「海上は北風やや強く波は2m、のち1m、風は海上で3~4mでしょう」

うーんんmm、大丈夫かな?・・・・・・・・・・・・・・・・・行けるっでしょう!?

アマダイを狙いたく佐島から秋谷沖の水深80m前後を目指すも、

211212_002

荒立つ波風は沖に向かう毎に強くなる一方。  転覆したら危ないカナヅチ 「浜田山のヘッポコデストロイヤー」のことを考え、ここは浅場所のカワハギ狙いの場所へと移動。

しかし、沖から浅場へと移動する間にも7人乗りの船外機船は苦戦! ほとんどバイキング状態、ほぼ全身びしょ濡れ、尾てい骨割り連チャンの我慢大会。   いや~~・・・・  ・・・・    ・・・・・・・ 久しぶりに参りました。  死にはしなかったけど・・・。

Image0571 211212_001

カワハギに関しては自家製「ニコニコオモリ」と「キラキラタコベイト」使用でなんとかカワハギ2枚ゲット!  おまけにマダコの赤ちゃんまでついてきました!

211212_005

2009年12月 7日 (月)

11/22 長井港 ボート釣り アマダイ カワハギ オニカサゴ 相模湾

さて、アマダイの声が聞こえてきたので早速長井港の仮屋ボートに
電話すると、「すいませ~~ん、予約いっぱいです・・。」

しようがない・・。急きょ「仕立て」に変更し長井港の「孝漁丸」さんに
お世話になることに。  料金 基本は4万円のえさ代別、一人増し7千円と
格安です。 釣物も好調な「イナダ」に変更。  うまくいけばマダイや
アマダイも釣れっかも・・えっへへへh・・・・・?。

Image05211

寒し・・。お日様はほとんど出ず・・。 皆テンション落ちながらも
頑張ります。

Image05411

なかでも、このての釣りの経験がないSFC新人のS井さん ナイスファイト!
見事 良型イナダを2本ゲット。  結局私を含め他2名もイナダは2本でした・。

Image05311

Imgp0099 当日一番好調だったのは一人「艫」に陣取った島Bさん。イナダこそ
2本でしたが、中盤五目釣りの様相の中、良型のマハタ、カワハギ、アマダイ
を釣り上げ、先日の酔いどれ大失態をここで挽回・・・。  ~~ん、やられた
~~。あのマハタは私に欲しかった・・・・・・・。

結局私の釣果はイナダ2本、マダイ、アマダイ、その他 という所でした。

Imgp0101 Imgp0102

Imgp0103 しかし、良型のイナダの「肝」と「胃袋」は実は旨いのですよ~!(ちゃんと血抜き
を処置してればです)。

Imgp0104 Imgp0105
両方ともさっと30秒位熱湯に湯通しして、胃袋は反対に裏返し 指サックして

塩で洗い千切りにし、ポン酢やレモン汁で・・。 かなり旨いっすよ!当然、良型のアマダイや
ハタ、オニカサゴ等のそれも絶品です。 

11/22 長井港 ボート釣り アマダイ カワハギ オニカサゴ 相模湾

さて、アマダイの声が聞こえてきたので早速長井港の仮屋ボートに
電話すると、「すいませ~~ん、予約いっぱいです・・。」

しようがない・・。急きょ「仕立て」に変更し長井港の「孝漁丸」さんに
お世話になることに。  料金 基本は4万円のえさ代別、一人増し7千円と
格安です。 釣物も好調な「イナダ」に変更。  うまくいけばマダイや
アマダイも釣れっかも・・えっへへへh・・・・・?。

Image05211

寒し・・。お日様はほとんど出ず・・。 皆テンション落ちながらも
頑張ります。

Image05411

なかでも、このての釣りの経験がないSFC新人のS井さん ナイスファイト!
見事 良型イナダを2本ゲット。  結局私を含め他2名もイナダは2本でした・。

Image05311

Imgp0099 当日一番好調だったのは一人「艫」に陣取った島Bさん。イナダこそ
2本でしたが、中盤五目釣りの様相の中、良型のマハタ、カワハギ、アマダイ
を釣り上げ、先日の酔いどれ大失態をここで挽回・・・。  ~~ん、やられた
~~。あのマハタは私に欲しかった・・・・・・・。

結局私の釣果はイナダ2本、マダイ、アマダイ、その他 という所でした。

Imgp0101 Imgp0102

Imgp0103 しかし、良型のイナダの「肝」と「胃袋」は実は旨いのですよ~!(ちゃんと血抜き
を処置してればです)。

Imgp0104 Imgp0105
両方ともさっと30秒位熱湯に湯通しして、胃袋は反対に裏返し 指サックして

塩で洗い千切りにし、ポン酢やレモン汁で・・。 かなり旨いっすよ!当然、良型のアマダイや
ハタ、オニカサゴ等のそれも絶品です。 

11/22 長井港 ボート釣り アマダイ カワハギ オニカサゴ 相模湾

さて、アマダイの声が聞こえてきたので早速長井港の仮屋ボートに
電話すると、「すいませ~~ん、予約いっぱいです・・。」

しようがない・・。急きょ「仕立て」に変更し長井港の「孝漁丸」さんに
お世話になることに。  料金 基本は4万円のえさ代別、一人増し7千円と
格安です。 釣物も好調な「イナダ」に変更。  うまくいけばマダイや
アマダイも釣れっかも・・えっへへへh・・・・・?。

Image05211

寒し・・。お日様はほとんど出ず・・。 皆テンション落ちながらも
頑張ります。

Image05411

なかでも、このての釣りの経験がないSFC新人のS井さん ナイスファイト!
見事 良型イナダを2本ゲット。  結局私を含め他2名もイナダは2本でした・。

Image05311

Imgp0099 当日一番好調だったのは一人「艫」に陣取った島Bさん。イナダこそ
2本でしたが、中盤五目釣りの様相の中、良型のマハタ、カワハギ、アマダイ
を釣り上げ、先日の酔いどれ大失態をここで挽回・・・。  ~~ん、やられた
~~。あのマハタは私に欲しかった・・・・・・・。

結局私の釣果はイナダ2本、マダイ、アマダイ、その他 という所でした。

Imgp0101 Imgp0102

Imgp0103 しかし、良型のイナダの「肝」と「胃袋」は実は旨いのですよ~!(ちゃんと血抜き
を処置してればです)。

Imgp0104 Imgp0105
両方ともさっと30秒位熱湯に湯通しして、胃袋は反対に裏返し 指サックして

塩で洗い千切りにし、ポン酢やレモン汁で・・。 かなり旨いっすよ!当然、良型のアマダイや
ハタ、オニカサゴ等のそれも絶品です。 

11/22 長井港 ボート釣り アマダイ カワハギ オニカサゴ 相模湾

さて、アマダイの声が聞こえてきたので早速長井港の仮屋ボートに
電話すると、「すいませ~~ん、予約いっぱいです・・。」

しようがない・・。急きょ「仕立て」に変更し長井港の「孝漁丸」さんに
お世話になることに。  料金 基本は4万円のえさ代別、一人増し7千円と
格安です。 釣物も好調な「イナダ」に変更。  うまくいけばマダイや
アマダイも釣れっかも・・えっへへへh・・・・・?。

Image05211

寒し・・。お日様はほとんど出ず・・。 皆テンション落ちながらも
頑張ります。

Image05411

なかでも、このての釣りの経験がないSFC新人のS井さん ナイスファイト!
見事 良型イナダを2本ゲット。  結局私を含め他2名もイナダは2本でした・。

Image05311

Imgp0099 当日一番好調だったのは一人「艫」に陣取った島Bさん。イナダこそ
2本でしたが、中盤五目釣りの様相の中、良型のマハタ、カワハギ、アマダイ
を釣り上げ、先日の酔いどれ大失態をここで挽回・・・。  ~~ん、やられた
~~。あのマハタは私に欲しかった・・・・・・・。

結局私の釣果はイナダ2本、マダイ、アマダイ、その他 という所でした。

Imgp0101 Imgp0102

Imgp0103 しかし、良型のイナダの「肝」と「胃袋」は実は旨いのですよ~!(ちゃんと血抜き
を処置してればです)。

Imgp0104 Imgp0105
両方ともさっと30秒位熱湯に湯通しして、胃袋は反対に裏返し 指サックして

塩で洗い千切りにし、ポン酢やレモン汁で・・。 かなり旨いっすよ!当然、良型のアマダイや
ハタ、オニカサゴ等のそれも絶品です。 

その他のカテゴリー

最近のトラックバック

最近の記事

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ